コラム『犬猫にスキンケアは必要か』

※当店の考え方をお伝えする為のコラムですので、ご興味のある方は御一読ください。結論だけ知りたい方は、最後の一文と下の方にある画像をご参照ください。

当店は、ペットにスキンケアは確実に必要だと考えています。
犬猫のお肌は、人間の赤ちゃんよりも薄く、乾燥しやすく、敏感です。
皮膚の新陳代謝の周期や、汗腺の種類、汚れ方なども人間とは違いますので、毎日洗う必要はないとは思いますが、健康な子であれば3週間に1度が理想的な洗浄頻度だと思います。

お客様は、洗顔する前にオイルクレンジングをしたり、洗顔後に保湿してお肌をケアしませんか?

健康なペットのお肌は、外部の刺激からお肌を守るため、オイルでコーティングされています。
シャンプーのみではお肌にある余分なオイルを落としきることは難しく、もしもシャンプーのみでオイルを落とそうとする場合、洗浄力(刺激)が強いものを使わなくてはいけないため、お肌にダメージを与える可能性があります。
そのため、当店ではシャンプーをする前に、全ての子達にオイルクレンジングしています。
そして、乾燥しやすいペットのお肌に対し、オプションにはなりますが、全身に保湿剤を塗布する機械も投入しています。

おうちでシャンプーした後や、トリミングサロンから帰ってきた後に、ペットがお肌を痒がったことはありませんか?
もしかすると、それはシャンプー剤の成分が合っていなかったり、刺激の強いシャンプー剤や、ドライヤーなどなどのせいで、お肌が乾燥しているからかもしれません。
そもそも、一般的に売られている「ペットシャンプー」は法律的には『雑貨』の基準になってしまうため、人間用の『化粧品』の基準には遠く及びません。
当店では、お肌のデリケートな子には必ず『化粧品』基準のシャンプーを使用しています。
その子の汚れ具合やお肌の状態に合わせて適切なシャンプー剤を選び、ドライヤーも40℃、60℃、80℃~と、細かく温度設定できるものを使用し、お風呂も犬猫の皮膚科学的に最適な温度に調節し、ブラシなどもお肌や毛の状態に合わせて使い分けています。

そうした、犬猫の皮膚科学に基づいたスキンケアや、栄養学・生化学に基づいた食事管理をアドバイスさせて頂いた結果、病院に長年通っていた子や、薬や薬用シャンプーを何年も使用していた子達が、シンプルなスキンケアをするだけで改善したケースもあります。
体質はその子それぞれですので、薬や薬用シャンプーが合わない子もいれば、原因がシンプルにお肌の乾燥や強いシャンプー剤の使いすぎという子もいます。

まずは、食事やスキンケアから見直すことで、ペットの健康なお肌を守ることが出来るのではないかと当店は考えています。

著 菊地将也 (ペットケアサロンARIA 店長)

改善例

当店でケアして頂いたペットの改善例です。
※当店は病院ではなくケアサロンです。

改善までの期間や内容は個人差があります。
その子それぞれに合わせた食事内容の変更や、適切なスキンケアをするだけでも、今のお悩みを改善するお手伝いが出来ると考えています。
皮膚に強い獣医さんをご紹介することも可能ですので、そちらも含めていつでもご相談ください。

powered by crayon(クレヨン)